エコロジーと豊かな暮らしを両立させるスマートテック

今まで当たり前のように使ってきた電気の存在。しかし、その存在は決してこのまま続くと楽観視して良いものではありません。政府や企業はもちろんのこと、個人レベルでもこの限りある資源から作られる電力のことを考えるべきだと言われています。そのため、パートナーとなる企業選びが重要になっているのです。

■スマートテックのビジョンについて
2016年に電力小売完全自由化が始まりました。そのため、多くの企業が電力事業に乗り出しています。しかし、そのエネルギーに関するリテラシーがどのようなものなのかをしっかりと把握しなければ、大きなリスクを背負ってしまうかもしれません。そのため、エネルギーに関する企業を選ぶときには、その企業がどのようなビジョンを持っているのかを調べる必要があります。

スマートテックは「総合エネルギー企業として、エネルギーの地産地消を実現した、スマートシティをつくります。」というビジョンをメッセージとして掲げています。そのため、再生可能エネルギーの地産地消を現実のものにして、総合エネルギーマネジメント事業に着手しています。そのため、環境の配慮だけでなく快適な暮らしも実現することが可能となっているのです。

■スマートハウスについて
太陽光発電や蓄電池、その他の省エネ設備やオール電化を導入することによって家全体のエネルギーの流れをコントロールし効率的に使用すること。それがスマートハウスです。エコや経済性はもちろんのこと便利で快適な暮らしを出来るというメリットがあります。このような事業はエネルギーだけでなくエコロジーにも精通したスマートテックだからこそ出来ると言われることもあるのです。

スマートハウスの特徴としては、今まで使うだけだったエネルギーを作り、貯めることが出来るというものです。こうすることによって、光熱費を電力会社から買うことがなくなるため光熱費も下げることが出来ます。さらに、蓄電池を使うことによって昼間は太陽光発電を使い、夜は蓄電池に貯まった電力を利用するという使い分けも可能になるのです。

■電力に対して革新的な考え方を持つ企業
電力小売完全自由化が2016年に始まったことにより、スマートテックも電力事業に参入しました。かずある企業の中でもスマートテックは「総合エネルギー企業として、エネルギーの地産地消を実現した、スマートシティをつくります。」というビジョンを提唱しています。このような考え方はスマートテック独自のものだと言われることもあるのです。

さらに、スマートテックのリリースしているスマートハウスはエネルギーをつくり、それを効率的に使用するという特色を持っています。こういった取り組みは家計に優しいだけでなく地球環境にも優しいのです。さらに、そのようなメリットがありながら便利で快適な暮らしも実現することが出来るため、エコロジーや経済性に便利さが阻害されないというメリットを持っているのです。